Rolito is a Character Designer, Illustrator & Art Director based in Europe.
After completing multidisciplinary studies at the “Beaux Arts” in France, Rolito joined an innovative multimedia studio at the forefront of web content development.
The first version of his personal website ―Rolitoland― was a flash-animated microcosm that showcased his unique world of imagination, winning him many awards and accolades in festivals worldwide.

A growing interest in character and toy design inspired him his first toy, the innovative Rolitoboy. From there, he continued to create more original toy lines including Ned Zed «the wise hunter», the Rolitoland Safari mini figures collection and the mini Rolitoboy series. The Rolitoboy Book, released in 2005 during the IdN Design Edge Conference in Singapore, was a seminal work in the crossover movement containing illustrations of Rolitoboy by over 50 international artists and creators.

In 2006, he began a collaboration with Sony Japan resulting in the creation of the critically acclaimed Patapon beat-based video game. As of 2012, The Patapon franchise, which takes place in the world of Rolitoland, has spawned 2 sequel games and a variety of licensed goods.

On top of his personal projects, Rolito has realised creative works for a wide range clients including Passion Pictures, Ubisoft, LG, and Orange. He is also a member of the Semperfi creative crew with his friends Chick, Dany & Run.

Rolito continues to take part in various exhibitions worldwide (Paris, Tokyo, Osaka, New York, Hong Kong, Taipei, Singapore) and his work is highlighted in numerous publications.

Delicious vectorial poison & more!

 

Rolitoはヨーロッパを基盤とする『キャラクター・デザイナー』、『イラストレーター』、『アートディレクター』である。
Rolitoは、フランスの「ボー・アート・スクール」で幾つかの分野を習得したあと、当時ウェブ開発の最先端をいっていたある革新的なマルチメディアのスタジオに参加した。彼の私的ウェブサイトの最初のバージョン『Rolitoland』は、彼独特の想像力を発揮したフラッシュの動画による小宇宙であった。このサイトは世界のあちこちで行われた催しで多くの賞と賞賛を勝ち取ることになる。
 
彼は人物キャラクターとおもちゃのデザインへの興味が増すに連れて、最初の画期的なおもちゃである『Rolitoboy』を創造した。彼はさらにそこから独創的な一連のおもちゃを創造し続ける。Ned Zed『Wise Hunter』、『Rolitoland・Safari』のミニフィギュアのコレクション、そして『Mini・Rolitoboy』シリーズなどがそれである。2005年、シンガポ-ルに於けるIdNのデザインエッジ・コンフェレンスで彼が発表した『Rolitoboyの本』は、50人以上の国際的なアーチストやクリエーターによるイラストレーションを含む、混合(クロスオーバー)活動の萌芽ともなるべき作品であった。
 
2006年に、彼はソニー・ジャパンとの協同研究を始めた結果、のちに決定的な大ヒットとなったビデオゲーム、『パタポン』を創造した。2012年の現在、Rolitolandの一部としての『パタポン』の販売網はさらに2部の続編とさまざまの公許製品を産み出している。
 
Rolitoは私的なプロジェクト以外では、Passion Pictures、 Ubisoft、 LG、Orangeなど幅広いクライエントのための創作をしている。そして彼は創作仲間であるChick、Dany、とRunと共にSemperfiのメンバーでもある。
 
Rolitoは国際的な分野で様々の展示会への参加を続けていて『パリ、東京、大阪、ニューヨーク、香港、台北、シンガポール』、彼の作品は数知れない出版物で取り上げられている。